賃貸物件から賃貸物件への引越しの際に困ることを何件か考えてみました。私個人の経験談ですが、参考にして下さい。

賃貸の間取りで気を付けたい事
賃貸の間取りで気を付けたい事

賃貸物件での引越しの困りごと

賃貸の間取りで気を付けたい事
私が、賃貸物件から賃貸物件への引越しの際の困りごとは二つあり第一に引越し業者の見積もりを依頼することです。インターネットから様々なホームページで探し比較はしますが実際は引越し業者の営業担当者に来てもらい見てもらい家具などの量から見積もりを出してもらうことが困ってます。金額も業者によって異なるので、何件か依頼しなくては、ならないからです。何件も依頼して来てもらって、となると時間もかかり負担となるので友人が依頼した業者や口コミサイトなど十分に比較してから依頼するのが効率的だと思いました。

第二に、賃貸物件では退去等での引き渡しの際、大家さんまたは管理人の方と物件の状況確認の立会いです。傷や汚れなどを確認し、敷金から修復にかかる費用を負担するというもので、私自身が引越してきたときからあった床の傷をこちら側の責任といわれたことがあり大家さんといざこざになったことがありました。これに関しては、私自身も知識不足だったため入居の際に気になる傷などがあれば写真を撮るなど対処すべきだったと反省しています。

何度かの引越しを経て、知識不足で反省したり勉強になったりということがありました。引越しは、準備から引越し後まで日数もかかり大イベントであるので大変だけども事前の準備や確認は大事であると痛感しました。

関連ページ

Copyright (C)2017賃貸の間取りで気を付けたい事.All rights reserved.