賃貸の引越しではマイペースで荷造りや運搬ができません。日頃から不用品を整理しておくことが大切です。

賃貸の間取りで気を付けたい事
賃貸の間取りで気を付けたい事

時間が限られる賃貸の引越しでの困りごと

賃貸の間取りで気を付けたい事
新しい住まいへの引越しは新生活のスタートです。より良い住まいへ引越しをする人のほうが多いでしょうから、実におめでたい門出でもあるのですが、困ったことも当然あります。私も何度も引越しを経験していますのでよく分かりますが、引越しに関する一番の困りごとといえば、やはり荷物を梱包する時間がない、ということです。荷物を整理して少しずつ新居に運ぶ、というように自分のペースでできる引越しなら良いですが、大抵はそうではありません。賃貸からの引越しであれば、退去する期限が決まっていますので自分のペースでゆっくりと荷物を整理しているような時間はないですし、引越し先も賃貸であれば、入居可能日以降にしか鍵を渡してもらえませんので、引越しよりもずっと早い段階で出入りすることは難しいでしょう。決められた期限までにテキパキと荷物の梱包、整理を済ませなければなりません。

私の場合、要るものも要らないものも一緒くたにしてとりあえずダンボールに詰め込み、新居で整理しようと思いつつ、引越しが終わったら気が緩んで荷物がそのままに、という具合でどんどん荷物が増えてきました。引越しのたびに前よりも広い部屋を選ばなければならない状態でした。賃貸は当然専有面積が広いほど家賃も高くなります。教訓としては、引越しが決まってから慌てるのではなく、日頃から不用品の整理、廃棄をしておくことが大切だと分かりました。

関連ページ

Copyright (C)2017賃貸の間取りで気を付けたい事.All rights reserved.