賃貸物件から新居へ引越しする際に欠かせない、大量のダンボールの集め方のコツについて簡単に記述してみました。

賃貸の間取りで気を付けたい事
賃貸の間取りで気を付けたい事

賃貸物件からの引越しに使うダンボールの集め方。

賃貸の間取りで気を付けたい事
賃貸物件から新居へ引越しする際に、頭を悩ませる問題としてよく登場してくるのが「梱包用のダンボールの数が全然足りない」という事です。ちなみに一般的に大体どれぐらいの数のダンボールが必要になるのかについてですが、一人暮らしの場合は20箱から30箱、ご夫婦二人暮らしの場合は50箱、お子様がおられたら70箱ぐらいになるのが目安だと言われています。

最近は多くの引越し業者が、ある程度の数のダンボールを無料で進呈してくれるサービスを提供するようになっていますが、実際にはそれだけでは全然数が足りないといった場合が多いようです。しかし大抵の引越し業者さんの場合は、お願いすれば規定の数よりもある程度多めにダンボールを分けてくれる場合がほとんどなので、アッサリ諦めずに駄目元でお願いしてみるのがポイントです。

確かにスーパーなどでもお願いすればダンボールを大量に分けてはもらえますが、引越し用のダンボールの方がやはり強度的には勝るようなので断然オススメです。あと通常多くの引越し業者では、引越し後にダンボールを回収するサービスを行っていますので、使い古しのダンボールでもイイので分けてもらいたいと言えば、より大量のダンボールを簡単に集める事ができるでしょう。

関連ページ

Copyright (C)2017賃貸の間取りで気を付けたい事.All rights reserved.