賃貸物件から引越しする際に、飼っているペットができるだけストレスを感じないで済む方法を具体的に記述しました。

賃貸の間取りで気を付けたい事
賃貸の間取りで気を付けたい事

賃貸物件におけるペットの引越しのコツ。

賃貸の間取りで気を付けたい事
かつては賃貸物件に暮らす際には、契約書の中にある「ペット飼育禁止」の文言に同意しなければならない場合が大半でしたが、昨今ではペット飼育可の集合住宅も大変増えてきましたので、マンションやアパート住まいであっても堂々とペットと一緒に暮らしておられる方というのも大変増えているかと思います。

しかしそういった集合住宅から人間の都合で急に引越しする事になった場合は、なかなか急激な環境の変化に対応できるペットばかりでないので頭を悩ませる飼い主さんも少なくないようです。やはり大半の飼い主さんは犬か猫を飼育なさっておられるかと思うのですが、まだ犬は飼い主さんが一緒であれば新しい環境での生活も比較的短期間で適応できるみたいなので、左程問題にはならないようなのですが、問題なのは犬よりも遥かに神経質な「猫」のようです。

猫は急激な環境の変化を特に嫌う動物なので、住まいの中に引越し作業員などの見知らぬ人々が大量に出入するのも大変嫌がりますので、事前にケージなどに入れておかないと脱走してしまい二度と帰ってこない恐れだってあります。ちなみに私も猫を一匹飼っていますが、以前住んでいたアパートから今のマンションに引っ越した際には、引越し当日は近所のペットホテルに預けておいて、引き取った後はそのまま新居に連れて行ったのであまりストレスは感じなかったようです。

関連ページ

Copyright (C)2017賃貸の間取りで気を付けたい事.All rights reserved.