一戸建てから賃貸物件に引越しする際に、ピアノがいかに費用や手間がかかる物であるか具体的に説明しました。

賃貸の間取りで気を付けたい事
賃貸の間取りで気を付けたい事

賃貸物件への引越しにおける「ピアノ」の費用や手間。

賃貸の間取りで気を付けたい事
これまで一戸建て住宅に暮らしておられたという方が、賃貸マンションなどにお引越しされる際に一番頭を悩ませる引越し荷物といえば、やはり「ピアノ」だと思います。特にコンパクトサイズの電子ピアノなどではなく、本格的なグランドピアノなどになってくると重量も相当なものとなりますので、引越し先の床がその重量に耐えられるかどうかは事前に不動産会社などに問い合わせて確認しておかれた方が良いでしょう。

あと大型のピアノを移動させられる引越し業者というのは自ずと数が絞られてきますし、また搬入する際にはエレベーターにはおそらく入らないと思いますので、通常はベランダ側の窓からクレーンやロープで吊り上げる形になりますから、何かと通常のお引越しと比べて割高になってしまう要素が沢山あります。また搬入後は新たに調律を行う必要があるというのは言うまでもありません。ともかくピアノというのは移動させるだけでも何かとお金がかかる、贅沢品であるという事は十分肝に銘じておかなければなりません。

ですので引越し後にあまりピアノを使われる予定が無いような場合には、引越しするのを期に思い切って処分してしまわれるのも1つの手だと思いますよ。幸い今はピアノ買取業者も多いですし、引越し費用もそれで捻出できるかもしれませんよ。

関連ページ

Copyright (C)2017賃貸の間取りで気を付けたい事.All rights reserved.