賃貸契約が成立してから、引っ越し業者に見積もり依頼しても、それから入居日までに、荷造りが間に合わないです。

賃貸の間取りで気を付けたい事
賃貸の間取りで気を付けたい事

賃貸物件に引っ越しの際に、荷造りが間に合いません。

賃貸の間取りで気を付けたい事
賃貸借の契約が成立すると、すぐに入居日が定まります。その時、すぐに引っ越し業者に引っ越しの見積もり依頼をしないと、引っ越しが予定通りに間に合いません。余裕をもって1ケ月先を引っ越し日に定める必要があります。短期間であると、引っ越し業者の自動車の手配が間に合いません。それも、日付にもよります。大安吉日は、日がよいので、引っ越しが多いです。日に因っても、引っ越しの費用が大きく変わります。通常、日時指定の引っ越しには、引っ越しの費用が高いのが相場です。その分、日時を指定できるメリットがあります。引っ越し費用を安くするフリー便設定なら、日が合えばいいですが、時間は指定が聞きません。最終便になれば、引き取りは夜6時近くの時間になり、移動先での引っ越し作業の開始も、夜9時を回ることもあり得ます。終わりの時間なら、夜の11時と言う事もよくあります。これじゃ、その日の片付け作業は無理になります。

引っ越しの予定を、1ケ月先に出来れば理想的ですが、今の賃貸借の契約と退去の意思を表明するのに、最低1ケ月前に通告する必要があります。その契約の終了時期と、次の賃貸物件への引っ越しする入居日との時間が必要になります。通常、1ケ月の引っ越し予定があっても、荷造りに要する時間は、予想をはるかに超えて、時間が必要になります。どうして、賃貸の契約が成立してから、荷造りをするとタイムロスが生じます。契約成立前から、徐々に荷造りをする必要があります。これを念頭に置かないで作業すると、間に合わなくなります。

関連ページ

Copyright (C)2017賃貸の間取りで気を付けたい事.All rights reserved.